FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS短編「王様はフェイトちゃん?」

久々SS更新は肩慣らし!

なのフェイアリすずはやの王様ゲームです!

台詞だけのSSなので読みづらいかも。

続きから、どうぞー。
「今から王様ゲームをやるよー!」



「いいわよ、面白そうね」
「ア、アリサちゃん!?」



「なのは、王様ゲームって?」
「ああ、王様ゲームって言うのはね、
 くじを引いて王様になった人が他の人に好き勝手命令できるゲームなんだよ?」

「す、好き勝手!?」
「そう。 だって王様の命令は絶対だもん!」

「王様……絶対……」



「フェイトちゃん、なのはちゃん、二人はやるん?」



「私は……」
「はいっ! やる! やります!」



「フェイトちゃん、えらい乗り気やないか……」



「だって、王様の命令は絶対なんでしょ? だったら私、絶対に王様になってみせる!」
「そうや、その意気や!」



「にゃはは、フェイトちゃんったら……」







『王様だ~れだ!!』





「で、王様は誰なの?」



「うひゃひゃ、私や~」



「げ、はやて……」
「はやてちゃん……」



「なんや、アリサちゃんにすずかちゃん、嫌そうな顔して……」
「だって嫌だもん!」



「それじゃあ、王様が4番の胸を揉むということで」
「なんでピンポイントに私を言い当てるのよ!」



「アリサとはやて、楽しそう」
「そうかな……少なくともアリサちゃんは嫌そうだけど」



「ア・リ・サ・ちゃ~ん!」
「このバカはや……」



”はやてちゃん、ちょっとオイタが過ぎるんじゃないかな?”



「ひいっ!?」



「ど、どうしたの、はやて!?」
「いや、ちょっと寒気が……」



「さ、続きをしましょう?」
「すずか……?」





『王様だ~れだ!!』





「次は……フェイト?」



「(来ちゃった来ちゃった来ちゃった来ちゃった来ちゃった
来ちゃった来ちゃった来ちゃった来ちゃった来ちゃった
来ちゃった来ちゃった来ちゃった来ちゃった来ちゃった)」
「フェイトちゃ~ん? 王様~?」



「どうしたの姫!」
「姫!?」



「あ、ご、ごめん……ちょっと王様に指名されて気が動転してて」
「そ、そうなんだ……でも、姫って」
「な、なんでもないよ! 別になのはが姫だといいなだなんて全然」
「考えてたんだ、フェイトちゃん……」
「あぅ……」
「にゃはは……」



「あ~もう! あんた達、いちゃいちゃ禁止! 先に進まないでしょうが!」



「ち、違うんだよアリサ、これは……」
「どうでもいいから! 早く王様としての職務を全うなさい!」
「は、はいっ! じゃあ、王様が、なのはを……」



「はい、アウトー」
「な、なんで!? 王様の命令は絶対じゃ……」



「僭越ながら王様、国民は番号で指定していただきたく存じます……なんてな」
「あ、そ、そうなんだ……」



「(でも、なのはの番号なんて……)」
「……あ、くじおとしちゃったー」



「なのは!?」
「なのはちゃん!?」



「いけない、これじゃあおうさまになのはが3ばんだってばれちゃうー」



「(素晴らしい大根芝居や、なのはちゃん!)」
「(なのは、あんたそこまで……!)」



「(ありがとう、なのは!) じゃあ、王様が命じます! 王様が、3番を……」















「3番を一生幸せにします!!」











「し!?」
「あ!?」
「わ!?」
「せぇ!?」



「……どうしたの、みんな?」



「い、いや……ちょぉ、眩暈が、な……」
「馬鹿よ、本物のなのは馬鹿よ……」
「フェイトちゃん……」
「…………」



「な、なのは……?」



「ヨロシク……オネガイシマス」



「う、うん、こちらこそ……」





「めでたくカップル成立やね!」
「ねえ、これってこういうゲームじゃないわよね?」
「いいんじゃないかな? 二人とも幸せそうだし」





「姫……」
「王様……」
コメント

No title

 バカップルの前では、王様ゲームもいちゃいちゃの道具と化してしまう。
 うん、すごく勉強になりました(敬礼
 しかし、フェイトさん。王様ゲームの主旨が違いますよ(苦笑
 だが、そこがいい(断言
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。